ルシノールの副作用が気になる

美白

ルシノールで白斑の副作用は?ホワイトショット効果的な使い方

投稿日:

シミやくすみは老け見えの原因。何とかして解消したいですよね。

そこで頼りになるのが美白化粧品。でも、副作用がちょっと怖いかも……。特にときどき話題になる白斑(顔に白いアザができる)が心配……。

白斑のリスクは、化粧品に配合されている成分によって異なります。美白に有効とされる「ルシノール」はどうなのでしょうか?

白斑の危険性は高いのか低いのか、また、より効果的に使い方はあるのか、などを取り上げます。

ルシノール配合のホワイトショットの白斑の副作用はある?

ルシノール配合といえばポーラのホワイトショットが代表的。白斑の危険性はあるのでしょうか。

ルシノールとはどのような成分?

ルシノールはシベリアモミの木に含まれる成分で、シミやそばかすの原因になるメラニンの発生を止めることができます。

メラニンは、チロシンとチロシナーゼが結びつくことで生じます。ルシノールはチロシナーゼとぴったり合体する性質があるので、すでに合体済のチロシナーゼはチロシンと結合せず、その結果、メラニンが生まれないという仕組み。これを「メラニンロック」と呼びます。

気になるのは白斑のリスクがあるかどうかです。ルシノールに関しては、これまで深刻な被害は報告されていないそうです。誕生して間もない成分ではなく、すでに長期間使用されてきた実績を考えると、リスクは低いと言えるのではないでしょうか。

シミ対策に特化したホワイトショットのメカニズム

ホワイトショットの代表的なメカニズムを見てみましょう。

メラノサイトを動かす「アライブクリア機能」

日焼けやシミの原因はメラノサイトですが、最新機器で観察するとメラノサイトは移動しながらメラニンを必要なところに届けているそうです。メラノサイトが移動することは、良いこと。なぜなら、ストレスや加齢でメラノサイトの動きが鈍くなって止まると約6倍のメラニンを密集させてしまうからです。これがシミになります。

ホワイトショットは、鈍くなったメラノサイトの動きを活発にし、メラニンを密集させないことで美白効果を生み出す「アライブクリア機能」を備えています。

注目の成分「m-Aクリアエキス」

ローズマリーと海藻から抽出される美容成分。メラノサイトを動かすアライブクリア機能を担います。

「セルフクリア機能」

シミや色むらの原因は、肌中でメラニンが大きな塊になったメラニンキャップです。たとえメラニンが作られてしまっても、大きな塊にならなければシミにはなりません。

肌の細胞は、成長とともに肌表面に移動して角質になり、役割を終えると剥がれ落ちます。実は、肌の細胞の成長過程でメラニンの塊はどんどん小さくなり、ついには見えなくなることもあるといいます。

つまり、肌は成長過程で、もともとシミや色むらを作らず、自分自身を美白する「セルフクリア機能」を持っているということ。肌が本来持っている力を引き出せば美白につながるのです。

注目の成分「SCリキッド」

表皮の真っ黒いメラニンの塊(メラニンキャップ)を分解し、メラニンの粒の数自体も減少させます。SCリキッドはセルフクリア機能を引き出します。

顔全体のシミ?気になる部分的なシミ?それとも…両方?

ホワイトショットには大きく分けて2種類あります。

ホワイトショットCX

美白成分を内包するカプセルが、美白成分が肌のすみずみまで届けます。
肌のくすみの原因は紫外線の影響以外にも、糖の影響があります。体の中の余分な糖がタンパク質と結びつくことを「糖化」といい、そこで作られる「糖化生成物」(AGEs)は美肌の大敵。

ホワイトショットCXに含まれるYACエキスとEGクリアエキスは、糖化生成物の蓄積による肌のくすみや老化にアプローチできる成分です。

ホワイトショットSX

ピンポイントな効き目を求めるならこちら。肌に密着するクリームが肌表面にホワイト膜を形成し、美白成分をメラノサイトに届けます。

気になるシミができる原因のひとつに、メラニンに過酸化脂質がこびりついてしまう「メラニンの過脂化」があります。ホワイトショットSXに含まれるm-シューターとクリアノールは、過脂化したメラニンの排出を促して美白に導く成分です。

ホワイトショットの効果的な使い方

ホワイトショットの効果的な使い方について見てみましょう。

ホワイトショットの効果的な使い方1.SXとCXを併用する

》お試しはこちら

ピンポイント用のSX顔全体用のCXの2つを組み合わせることで、気になるシミを薄くしながら、顔全体のくすみを改善してトーンアップを図ることができます。

その場合の使用順序は「粘度の低いさらっとしたもの→粘度の高いこっくりしたもの」の順、つまり、CX→SXの順番で使用します。

ホワイトショットSXは、シミよりもひと回りほど大きめに塗るのがポイントです。

⇒公式サイト

ホワイトショットの効果的な使い方2.ホワイティシモと併用する

》今すぐチェック

ホワイトショットはシミそのものに積極的にアプローチするのが目的のため、美容液しかありません。

これに対して、ホワイティシモはクレンジング、洗顔、化粧水、UVケアなど、一般的なスキンケアを通じて美白に導くラインです。

ホワイティシモが目指すのはピンポイントでのシミ対策というよりも、顔全体のトーンアップと、透明感のあるツヤ肌といえるでしょう。ホワイティシモの化粧水にはルシノールも含まれ、他にもビタミンC誘導体や保湿成分を配合しています。乾燥で乱れた角層をなめらかに整え、美白効果との相乗効果で美肌に近づけます。

ライン使いできるホワイティシモで肌のコンディションを底上げしつつ、気になるシミは強力な美白効果があるホワイトショットで狙い撃ち、といった併用ができます。

>>ホワイティシモ お試しはこちら

ホワイトショットの効果的な使い方3.インナーロックで内側からも美白ケア

ビタミンCやトラネキサム酸などもそうですが、美肌に有効な成分の中には、肌に塗るだけでなく口から摂取することで効力を発揮するものがあります。

ポーラにはヨモギから抽出した独自成分「YACエキス」がありますが、これにヤマモモ由来成分などを加え、タブレットにしたのが「インナーロック」です。

ポーラ製品と相性が合う人はインナーロックを取り入れて内と外から美白ケアを行うことで、美肌にぐっと近づけるかもしれませんね。


まとめ

美白ケアは試してみたいけど、白斑などの深刻な副作用が出たら怖いという気持ちはよく分かります。

ハイドロキノンがそうであるように、美白効果が高い成分は刺激も強くなりがち。それに比べ、アルブチンやビタミンC誘導体なら刺激は小さくなるものの、美白の効果もそれほど高くはないようです。できてしまった気になるシミに積極的にアプローチするにはちょと力不足かも。

そこで、ルシノールが選択肢になります。ポーラのこれまでの実績を見る限り、深刻な副作用のリスクはどうやら低い模様。そして、アルブチンやビタミンC誘導体よりも強力な美白効果によって、気になるシミにもアプローチできます。

現在、化粧品の安全を守る最後の砦(とりで)は、国による規制ではなく企業自身といえます。その企業が信頼に値するかどうかが問題です。

ここで取り上げた美白成分「ルシノール」がぴったりなのはポーラが好きな人です。あなたがポーラに良いイメージを持っているなら、ホワイトショットはもちろん、ホワイティシモやインナーロックで、スキンケアはもっと楽しくなるでしょう。

美白ケア化粧品のランキングと効果的な使い方について詳しく解説しています。よかったらチェックしてみてください。

独自アンケートの結果は?

効果を実感できる美白成分のクチコミ 1

肌のトーンアップやシミ対策でとっても頼りになる美白化粧品。 配合されている美白成分はさまざまですが、「これが入っていると効果が違う!」というイチオシの成分はありますか? 皆がどんな美白成分をチョイスし ...

-美白
-, , , ,

Copyright© ハイドロキノン比較.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.